読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GUN & ZOMBIE & MURDER & HERO

銃、ゾンビ、殺人鬼、ヒーローがいれば人生はバラ色

映画『THE NEXT GENERATION -パトレイバー- 第一章』

映画 HERO

というわけで今日から全8回の予定でレビュー予定の『THE NEXT GENERATION -パトレイバー-』(以下『TNG』)ですが今日は第一章です。

ちなみに完全ネタバレでいくので注意!

THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章 [Blu-ray]

THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章 [Blu-ray]

 

 

Ep.0 栄光の特車二課

特車二課整備班の名物、シゲさんことシバシゲオの独白で初代メンバーのその後が語られる導入エピソード。

導入エピソードといっても初見の人間はなんのことやらというような内容で完全にシリーズのファン向けのサービスに近い。

初老に差し掛かったシゲさんの風貌と初代おやっさんを踏襲した振る舞いに時間の流れを感じた方も多いはず。

ある意味、整備班はパトレイバーシリーズの名物であり象徴でもあるので女性班員がちらほら見えるあたりに時代の流れを感じたが根底に流れる愚連隊気質の『整備班魂』を感じることがのでとりあえず一安心した方も多いのではないだろうか(笑)

初代の不在、特車二課がおかれている状況、不安な要素ばかりだが、シゲさんの締めゼリフ「もう一度見せてもらおうか、特車二課の良き伝統ってやつを!」に心が激しく奮い立たされる。

 

◇見所

特車二課整備中隊 隊歌斉唱シーン

ああ、整備班ってこのノリだよな~と安心します。

 

Ep.1 三代目出動せよ!

『無能』の三代目こと現特車二課の日常が描かれる。

もはや伝統と化している冒頭の軍隊飯シーンがTVアニメ版『こちら特車二課』を彷彿とさせ非常に良い。

もちろん課員総出の草刈も健在である。

ちなみに三代目の面々は初代のキャラクターを基本的に踏襲しているものの、マジに無能な空気が漂っていてヤバイ

こう考えると初代の面子は問題はあるものの一芸に秀でた存在であったんだなーとしみじみ感じる。

各種ファンサービスを交えながら三代目の日常を描くエピソード1は大した山場もなく終わるのだが、ラストで流れるテーマが『劇場版パトレイバー1』の名曲『朝陽の中へ』を意識した曲調であり最も盛り上がるシーンである。

 


TNGパトレイバーOP

 

◇見所

押井作品によく登場する上海亭出前シーン。

う~んこれも伝統(笑)

 

次回は第2章です。